子供のムダ毛とかちゃんと見てやらないとね。

今の子供ってませてるというか大人びているというか、なんか駅で小学生の会話を聞いていても、「これが小学生の会話なのか?!」って思ってしまうほど、大人です(‘ω’)

昔なら私のころは今日やるアニメの話や駄菓子の話、好きな男の子はだれか!なんて他愛もないようなことを話していたと思うけど、今はムダ毛とかスマホ、ユーチューブの話とか普通にしています。

ムダ毛なんか小学生のガキが気にするなよ!!ってお心の中で思うけど、実際自分の娘が毛深かったりしたら、それはやっぱりムダ毛 薄くする ローションとかかってムダ毛処理させるもんね。

いろいろ難しい年頃なのかもしれません。。

空気読めよ!なんて会話もあるくらいだから小学生でも大人並みに気疲れがあると思います。めんどくさい時代になったものです。

スマホなんか普及するからSNSで仲間外れにしてみたりっていう新たなイジメも出てきています。そんなことして何が楽しいのかわからないけど、新たなるいじめの手口があるようで大人にはちょっとわからないんだと思います。

私だったらそんないじわるするようなこと一緒にいないけどね。またいないとなるといじめの対象にさせられてしまうのかもしれないけどね。嫌な時代ですね。

 

5歳でもバレンタインデーでチョコをたくさんもらってきます。

5歳の息子を持つ31歳の主婦です。
バレンタインになると、息子は今が一番モテ期なんだろうなぁとよく思うんです。

出産を機に専業主婦となったので、私には暇な時間がたっぷりありました。
息子が赤ちゃんの頃、遠出もできないし、結婚・出産の経験のある学生時代の友人も少なかったので、よく地域の児童館に通っていたのです。
そこで子どもを通じてたくさんのお友達ができ、イベントを一緒に過ごすことがよくありました。

息子の仲の良いお友達は男女合わせて30人以上!1クラスできるくらいです(笑)
そのうち女の子は半数はいるので、バレンタインにもらえるお菓子がそれはもう大量なんです。まあ、もちろん母たちが用意してるので、本命というか義理というかなんて言うのでしょうね。お付き合いの一環です。
それでもこんなにバレンタインもらえることは、この先ないのだろうなぁと思います。

お友達の中にはお料理やお手伝いが大好きで、手作りのクッキーやチョコレートをくれる子もいるんです。こんな幼い時から手作りのものがもらえるなんて、羨ましい限りですよね。
とはいえホワイトデーはその分お返ししなければならないので、母は本当に大変です。

我が家はいつもファミリーパックのお菓子を大量に何種類も買って、100均などで購入したラッピング袋に各々詰めて渡すパターンが多いのですが、もうとにかく数が多いので、その作業が果てしなく当日の荷物も半端ないくらいです。
毎年嬉しい悲鳴を上げさせてもらってます。

ただこのお付き合いも保護者がいつもそばにいる未就学児のうちかなと思ってるので、小学校に上がった途端、バレンタインにもらえる数は激減しそうな予感です。それでもバレンタインデー チョコ 人気のマカダミアナッツ入りが多いので、わたしもパパもお酒のつまみにしています。あまり食べすぎると肌に悪いのでほどほどにしていますがね(^_-)-☆